IT Rescue IT関連Tips情報

DoS攻撃/DoSアタック対策 : User-agent によるアクセス制御/アクセス拒否

2007年1月15日サーバ管理

User-agent によってapacheへのアクセスを拒否(deny)する設定方法.

        <Directory "....">
        SetEnvIf User-Agent ^TMCrawler badrobot
        SetEnvIf User-Agent BecomeBot badrobot
        Order Allow,Deny
        Allow from all
        Deny from env=badrobot
        </Directory>

SetEnvIf の行で,User-agent の文字列が ^TMCrawler, BecomeBot の正規表現にマッチするときに,”badrobot” という環境変数が設定される.

Denyの行で,環境変数”badrobot”が設定されていれば拒否(deny)される.

SetEnvIfを書ける場所などは,apacheのマニュアルの該当セクションをご覧ください.


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。