IT Rescue IT関連Tips情報

GoogleAdsense(アドセンス)とMatchSmart(マッチスマート)

2007年5月31日WEB2.0/SEO/SEM

ある検索サイトで、マッチスマートとアドセンスを比較利用してみてわかったことがある。

マッチスマート登場以前は、検索キーワード連動型の広告で、一般に利用できるものがなかったので、その登場には、過剰の期待があったのだが…
アドセンスはコンテンツマッチ型をとっているため、検索サイトのようなページに貼り付けるのは不利で、往々にして、関連の薄い広告が出がち。そこで、検索キーワードに連動した広告の出せるマッチスマートには大変な期待をしていた訳だが、やってみると意外な落とし穴があった。

マッチスマートは、キーワードに一致する広告を返してくるので、検索されたキーワードに広告がひもづいている限り、必ず、広告が返ってくるという利点がありものの、逆に、「中国」などのキーワードが検索語に含めれている場合、検索した人が、「中国 お茶」を探したているにもかかわらず、「中国株式への投資」を薦める広告が一番に表示されるというような問題がでてくる。

無論、アドセンスのようなコンテンツマッチ型の場合にも、同様の問題が、起こらないとは言えないが、アドセンスのコンテンツ解析エンジンが優秀なのか、ある程度以上のコンテンツがあれば、ほぼ、狙った広告を出すことが可能だ。

結局今のところは、双方のメリット・デメリットを考えても、アドセンスのほうが収益率がよいと判断している。

ただ、一律に検索キーワード連動型が悪いと決めつけてしまうわけではない。
マッチスマートが現在の形で、広告を配信し始めてから、まだ、一年にも満たず、広告主の数でも、圧倒的に、不利な状況だからである。システム的にも改善の余地はあろうとも思う。

私的には、是非、マッチスマートにはがんばってもらい、アドセンスの寡占気味な市場に、風穴を開けてもらいたいと思っている。

適材適所ではないけれど、選択の幅を広げていただきたいものです。

PS
ちなみに、アドセンスが、類似の広告との同時乗り入れを禁止しているのは、独占禁止法違反なんじゃないかと思うんですが…


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。