IT Rescue IT関連Tips情報

tail -f コマンドの代わりに less を使う

2007年6月8日サーバ管理

アクセスログ等の常に新規に追記されていくファイルを眺めるときは tail -f コマンドを良く使います.ビューワーのlessコマンドで同等の処理ができます.
1. 対象ファイルをlessで開く
2. 「F」(大文字)をlessのコマンドとして入力

たったこれだけ.するとlessがtailコマンドのように追記されたファイルの内容を追跡して表示してくれます.

この追跡を中断するには Ctrl-C です.中断すると追記された内容を読み込んだ状態で通常のlessが使えますので,スクロールしてちょっと前のログを眺めることができます.

中断している状態から「F」を入力すれば追跡モードになります.


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。