IT Rescue IT関連Tips情報

DELL PowerEdege SC440 と CentOS(2)

2007年6月25日サーバ管理

DELL PowerEdege SC440 と CentOS(1)で言及した PowerEdge SC440 にCentOS5.0をインストールしました.
結論から言えば,CentOS5.0のインストールCDのみで何も困ることは無い.オンボードNICもtg3ドライバで認識するしSATAのディスクから起動も問題なくできます.

一応,手順はこんな感じです.
1. BIOSでブートデバイスの順序を変更する.USB-CDROMを最上位にした.
2. USB-CDROMを接続,インストールCDの1枚目をセットし起動.
3. インストーラが起動して boot: プロンプトが出たら linux askmethod と入力しリターン.
4. 後はインストーラの質問に答えるだけ.ネットワークインストールなのでサーバのホスト名とディレクトリを聞かれますが私はIIJのサーバを利用しました.

ホスト名 : ftp.iij.ad.jp
ディレクトリ : /pub/linux/centos/5.0/os/i386

Xのディスプレイサーバは利用していないので不明ですが,インストーラでGUIモードが起動できているので使えると思います.

lspciとdmesgの結果でも貼っておきます.
lspci
dmesg


2件のコメント

  1. hiro より:

    この記事を見て、購入した(2007/11)DELL PowerEdge SC-440に、centos5.0をインストールしようとしましたが、SATAを認識しません。PATAをアクティブにしてIDE HDDでしたらOKでした。出来ればSATAでシステムを構築したいのですが方法有りますか?

  2. u より:

    既に運用中のサーバなのでちょっとBIOSの設定とかは確認できません.ごめんなさい.でも,買ってきた状態のままでBIOSの設定は特にいじっていないはずです.変えたとしても起動デバイスの順序のみです.

    現在運用中のCentOSでlsmod の結果の関係ありそうなのは
    ata_piix
    libata
    sd_mod
    なんてのがありましたけど,hiroさんの「PATAをアクティブにしてIDE HDDでしたらOK」という状態とは違いますか?

コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。