IT Rescue IT関連Tips情報

VBScriptからFileMakerを制御

2007年6月26日Windowsアプリ

FileMaker Pro 8で、Web公開をしているツールが頻繁に不調になってしまいます。とりあえずの対処として、定時で一旦FMを終了し、再度FM・該当ファイルを起動するVBScriptを用意してみました。

Dim FPath
Set FMApp = GetObject("","FMPRO.Application")
Set FMDocs = FMApp.Documents
Set myOpenFile = FMDocs.active
FPath = myOpenFile.FullName

myOpenFile.Close()
FMApp.Quit
Set myOpenFile = Nothing
Set FMDocs = Nothing
Set FMApp = Nothing

Set FMApp = CreateObject("FMPRO.Application")
FMApp.Visible = True
Set FMDocs = FMApp.Documents
Set myOpenFile = FMDocs.Open(CStr(FPath) ,"ユーザ名","パスワード")
Set myOpenFile = Nothing
Set FMDocs = Nothing
Set FMApp = Nothing

と、単純なもの。これをWindowsのタスクに仕掛けました。
きちんとやるなら、FMの起動確認や該当ファイルが開いているかどうかなどもチェックする必要があるとは思いますが。。。

参考:FileMaker社資料ページ
ActiveX オートメーションを使用したスクリプト作成(Windows)
FileMaker Pro ActiveX オートメーションの使用(Windows)
ActiveX オートメーションのオブジェクト、メソッド、およびプロパティ(Windows)
ActiveX オートメーションの例(Windows)


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。