IT Rescue IT関連Tips情報

外付けRAID装置の障害からの復旧(1)

2007年9月21日サーバ管理

某所にあるファイルサーバが壊れた….その作業の復旧の記録.
そのファイルサーバはPowerEdge1600SC(以下PE)にTurbolinuxServer8がインストールされていました.実際のデータは外付けのRAID装置に格納されています.このRAID装置はRAIDコントローラを装置自身で持っており,PEからはでっかいSCSIの1台のディスクのように扱えます.

こんなのです.http://www.evserv.com/evserv/product/p_ev880s.html
ディスクドライブ自体はSATA接続の120GBの5台設置されており,4台でRAID0+1とスペア1台という構成です.

さて,現地に行って確認してみるとtubolinuxからは認識していません.fdisk -l /dev/sda とやってパーティション情報を表示させても何も出ません.

PEとRAID装置はAdaptec製のPCI(PCI-X?)拡張ボードのUltra160SCSIで接続されています.turbolinuxをrebootし,BIOS起動中に Ctrl-A でSCSIカードのBIOSメニューから確認してもRAID装置は認識されていません

SCSIケーブルを交換しても×,ターミネータを交換しても×.現地には同型のRAID装置がもう一台導入されていたので,その別のRAID装置をPEに接続するとBIOSから認識O.K. OSからも認識O.K.

どうやらRAID装置の故障の可能性が高くなりました.ただし,ディスクドライブの障害を知らせるLEDはグリーン(障害無し)を示しています.RAID装置にはシリアルコンソールの口が付いてます.ノートPCとRAID装置をシリアルケーブルで接続し,Teratermで設定ツールを確認してもディスクドライブの障害報告はなし.

ディスクドライブ自体は生きている!
外付けRAID装置の障害からの復旧(2)へ続く.

2007/10/9追記:
続きの記事を書いてリンクを追加.


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。