IT Rescue IT関連Tips情報

自社サーバ(自社インターネットサーバ)の上手な使い方

2007年10月20日雑記帳

光回線の普及で、自社にてインターネットサーバ(以下「自社サーバ」)をお持ちの企業もあるかと思います。

多くの理由がWebサービスの拡張時に、レンタルサーバやホスティング環境では実現できず、諸々の検討をした結果、サービス構成に自由度が高い自社サーバの導入に踏み切る事が多いのではないでしょうか。

ただ、以下のようにコストを換算すると、色々とかかりますのでご注意を。
[フレッツ等自社への回線引き込みの場合]
 回線代(Bフレッツの場合):約10,000円
 プロバイダ固定IP8個:約30,000円

と、ただ置いておくだけでも40,000円かかります。もっとかかる構成もあるでしょう。これに、イニシャル時にはサーバの購入代金が10万単位でかかります。

回線のクオリティや安定性、電源供給の安定化、サーバのレスポンスやセキュリティなど、まともに運用しようとすると、それなりのサーバ管理者兼ネットワーク管理者の人的コストもかかります。
構築や保守管理を外部へ委託すれば、リーズナブルな弊社でさえ、構築時は10万以上、保守管理は数万/月かかりますので、これまた負担になります。

とまぁ、ホスティングが1,000円/月もしない状況の中、上記のような見えるコスト・見えないコスト合わせて2桁も違う状況になるのは、提供するサービスとトレードオフでよく検討しないと、思わぬコスト高を招いてしまいます。

いくらかでも、上手に自社サーバを運用したい場合、
 ・専用サーバの検討(10,000/月レベルからありそうです)
 ・DBMS, AplicationServerなどが利用可能なホスティング
なども合わせて検討すると良いかもしれません。

ちょっとPRですが、弊社の場合、サイト構築の依頼とセットですが、ホスティング環境(Webサービス提供ドメイン)下にProxyツールを導入し、付加サービス(DBMSやAplicationServer)が必要な機能部分のみ、弊社管理のサーバに行わせる構成を取る場合があります。

こうする事で、自社サーバを持つ大きな理由の一つである、DBMSやAplicationServer機能部分のみをレンタルする事が出来、上述の自社サーバの管理コストを一気に無くす事が出来ます。
ただ、大々的にサービスを提供しているわけではなく、弊社が構築するWebサイト毎にアレンジして提供しているので、あくまでも特殊な例です。

自社サーバの運用には見えるコスト+見えないコストで10万/月単位で必要ですよという事と、様々な工夫で自社サーバを持たないで実現する方法もありますよという話でした。


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。