IT Rescue IT関連Tips情報

gmail(google mail)でIMAP Thunderbirdの設定

2007年11月6日Windowsアプリ

gmailでIMAPが使えるようになりました.ThunderbirdでIMAP経由でgmailのメールを読み書きするための設定を紹介します.

* gmail側の設定
1. gmailにログインする
2. [設定]-[一般]-[言語]-[English(US)]を選択; 変更を保存
3. [Settings]-[Forwarding and POP/IMAP]
Enable IMAP にチェック; Save Changes

* Thunderbird側の設定
1. [ツール]-[アカウント設定]
アカウント一覧の最下段にある「送信(SMTP)サーバ」を選択
  「追加(D)ボタン」をクリック
  説明:ラベルなので任意
サーバ名:smtp.gmail.com
ポート番号:587
ユーザ名とパスワードを使用する:チェック
ユーザ名:gmailのemailアドレス
保護された接続を使用する:TLS
「OK」ボタンクリック
2. 「アカウントを追加(A)」ボタンをクリック
アカウントウィザードで以下のように入力
メールアカウントを選択; 次へ
名前とgmailのメールアドレス入力 ; 次へ
IMAP選択,受信サーバ名 imap.gmail.com ; 次へ
gmailのアカウント名を入力 daresorefoobar@gmail.com
アカウントのラベルを入力 ; 次へ
確認して完了
3. 2.で追加したアカウントの「サーバ設定」の項目を選択
  ポート(P) : 993 に変更
セキュリティ設定 SSLを使用する(L) にチェック
  「OK」ボタンをクリック
4. 2.で追加したアカウントの「アカウント設定」を選択
  「送信(SMTP)サーバ」のリストから1.で追加したサーバを選択
  「OK」ボタンをクリック

以上で設定は終わりです.全く普通のIMAPアカウントとして利用できます.受信するときは当然ですが,送信するときにもパスワードの入力を求められますので,受信時と同じパスワードを入力しましょう.

一度,IMAP enabled にするとWeb側の設定で言語を「日本語」に戻してもIMAPは有効なままのようです.

テストメールを送信して,そのメールのヘッダを見ると,「DKIM-Signature」,「DomainKey-Signature」なんてヘッダがあるので送信ドメイン認証も対応している(?)みたいですね.効果の程は良くわかりませんが‥.


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。