IT Rescue IT関連Tips情報

WindowsXPでインターネット時刻同期の間隔を短縮

2006年9月15日ヘルプデスク

WindowsXPには、標準でNTPクライアント機能が備わっています。
これは、標準で7日間に1度NTPサーバと同期を取るのですが、レジストリを変更することで、更新間隔を短くすることが出来ます。
1.コントロールパネル-日付と時刻 を開き、「インターネット時刻」タブを開く。

2.”自動的にインターネット時刻サーバと同期する”にチェックを入れ、利用しているプロバイダなどのNTPサーバを登録。
(標準ではマイクロソフト社のNTPサーバが入っていますので、このままでも問題ないと思います。)

3.レジストリエディタを起動し、以下のキーを変更する。
HKEY_LOCAL_MACHINE/System/CurrentControlSet/Services/W32Time/TimeProviders/NtpClient/SpecialPollInterval
初期値は、604,800秒(7日間)なので、例えば24時間だと、86,400などの値に変更。

4.再起動する。

例によってレジストリの変更には危険がありますので、自己責任で。また、通常のPC利用では7日間でも十分かと思います。余りにもPCの時計が頻繁にくるったり、シビアな時刻同期が必要なPCなどで参考にして下さい。

追記:
 Yさんありがとうございます。


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。