IT Rescue IT関連Tips情報

検索エンジン登録におけるハブとオーソリティ理論の実証(3)

2006年9月28日WEB2.0/SEO/SEM

とりあえず条件のおさらい。

■サイトAには、Yahoo!ディレクトリー、ODPを始め、クロスレコメンド、Jリスティングを使って大手検索エンジンに登録。加えていくつかの優良ハブ(上記関連サイトに登録のあるディレクトリ)に登録する。

■サイトBには、無料の検索エンジンに大量登録を行う。

■サイトCには、特別に外部リンク対策を行わない。

多少の動きがあったので、ご報告です。
サイトAは、Yahoo!ディレクトリー、ODPの登録に失敗したものの、いくつかの優良な検索エンジンに順調に登録されました。

結果、Googleで、100ページほどのインデックスになりました。ターゲットとしていたキーワードについても、結構競争の激しいキーワードであるにもかかわらず、40位前後まで上昇しています。

サイトBは、トップページのみのインデックス。
サイトCは、トップページ以外に数ページという状況です。

サイトAの状況は納得できるとしても、サイトBよりもサイトCのほうが状況がわずかながらよいというのは、どうゆうことでしょうね?

とは言っても、3つのサイトともエイジングフィルタ(Aging filter)に引っかかってるぽいので、最終的な結論はまだですがね…


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。