IT Rescue IT関連Tips情報

先ずは軽くターゲットユーザのストーカーになってみる!?

2006年9月28日Webサイトデザイン

主人公(ターゲットユーザ)の設定が決まったら、彼らの行動パターンを学んでみる。
ブリーフィングでは、大体の予測で彼らの動向を追うわけだが、彼らのニオイがするサービスや製品を実際に手に取ったり目にしたりすることで、より確かな「予測」へと結びつける。

彼らが好む色、雰囲気。さらには、家族やビジネスパートナー達から受ける影響なども探ってみる。「彼」を軽くストーキングすることによって、プロジェクトの方向性もより明るくなってくる。

そして、いよいよ「彼」の性格、好み、行動パターンが見えてきたら具体的なストーリーメイキングに入る。頭の中の空想でも十分だが、これから興すプロジェクトの仮定の中で、「彼」がどのような行動を起すか思い描いてみる。

思考の分岐点を特に協調してブレインストリーム状態に陥り、マインドマッピング的に図にしてみるのも一つの手。各分岐の問題点をリストアップすることによって、プロジェクトのメリット&リスクを議題に上げる。

<<BACK


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。