IT Rescue IT関連Tips情報

Smart-UPS 500(SU500J)の交換バッテリー(RBC20J)に互換バッテリー(LONG WP5-12)を利用

2012年10月18日サーバ管理

Smart-UPS 500(SU500J)が、定例のバッテリーアラート音を出すようになってしまいました。今回は交換バッテリーに互換バッテリー(LONG WP5-12)を利用してみました。ちなみに、互換バッテリー(LONG WP5-12)は、2個必要です。

購入したものと同じ型番 LONG WP-512。これを2個使って一つのUPSに利用しました。

1.標準バッテリー(RBC20J)から接続ケーブルを取り出す。

標準バッテリーの上にかぶっているプラスチックのガイドを外します。これは、両面テープでついているので力をいれて外します。

標準バッテリーのフタ?を外すと、2つのバッテリーを接続しているケーブルが見えるのでこれを外します。このケーブルは互換バッテリー2個を接続するのに使います。

2.互換バッテリー2個を接続します。

3.互換バッテリーにカバーをかぶせて出来上がり。

互換バッテリー2つをテープでグルグルと貼り付けておきます。

これを、標準バッテリーと同様に、Smart-UPS 500(SU500J)に、入れ、ケーブルを接続して終わりです。特にエラーも出ず、問題なく使えています。

互換バッテリーの購入が、約4,000円、標準バッテリーの廃棄費用が約800円で計4,800円くらいでした。標準バッテリーに比べると、1/3位のコストで済みました。

なお、互換バッテリーのご利用は自己責任でお願いします。


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。