IT Rescue IT関連Tips情報

fail2ban-0.8.2 Python2.3対応

2008年3月6日サーバ管理

fail2ban-0.8.2が2008/3/6にリリースされていました。このバージョンではついに待望の修正が行われました。
ChangeLogを見ると多数のbugfixがなされていますが、目玉はなんと言ってもこれでしょう。

  Removed Python 2.4. Minimum required version is now Python 2.3.

Python2.3でもO.K.になりました。

CentOS4.xでは標準のPythonはpython2.3であった為に、fail2ban-0.8.1を動かすには一工夫必要でした。レンタルの専用サーバ等ではCentOS4.xは結構使われているので Python2.3 対応は非常に大きい。

実は、fail2ban-0.8.1をPython2.3対応させようと手元でシコシコとpatchを作っておりました。まだ完成してないけど。本家が対応したのでもう必要ないや‥。

fail2ban-0.8.2 のsrc.rpmというのを書きました。fail2banのrpmをお探しの方はリンク先へ、どうぞ。(2008/6/15追記)

 * * *

==== これより先はすでに古い情報です。fail2ban-0.8.2 のsrc.rpm リンク先の記事のとおり新しいsrc.rpmをrebuildするだけで利用可能です。(2008/7/26) =====

以下の方法でfail2ban-0.8.1のSRPMを利用して0.8.2のRPMパッケージを作成できます。

1. fail2ban-0.8.2.tar.bz2 と fail2ban-0.8.1-10.src.rpm をそれぞれダウンロードする
https://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=121032
http://atrpms.net/dist/el5/fail2ban/

2. src.rpmをインストール

% rpm -Uvh fail2ban-0.8.1-10.src.rpm

3. fail2ban-0.8.2.tar.bz2 を SOURCESディレクトリにコピー。SOURCESディレクトリの場所は設定によって違うので適宜置き換えて下さい。

% cp fail2ban-0.8.2.tar.bz2 ~/rpm/SOURCES/

4. fail2ban.spec をSOURCESディレクトリからコピーしてきて修正する。修正内容は記事末尾に載せておきます。

5. 修正したfail2ban.spec でbuild

% rpmbuild -ba fail2ban.spec

6. できたRPMをインストール

$ rpm --nodeps -Uvh ~/rpm/RPMS/noarch/fail2ban-0.8.2-10.noarch.rpm

後は以下の記事を参考に。
fail2ban-0.8.1 – 解説編
fail2ban-0.8.1 – 設定編

最後に fail2ban.spec の修正箇所です。

--- fail2ban.spec-ORIG  2008-03-06 22:12:50.000000000 +0900
+++ fail2ban.spec       2008-03-06 22:29:36.000000000 +0900
@@ -3,7 +3,7 @@

 Summary: Ban IPs that make too many password failures
 Name: fail2ban
-Version: 0.8.1
+Version: 0.8.2
 Release: 10%{?dist}
 License: GPL
 Group: System Environment/Daemons
@@ -13,7 +13,7 @@
 Patch0: fail2ban-0.8.0-init.patch
 Patch1: fail2ban-0.8.1-sshd.patch
 BuildRoot: %{_tmppath}/%{name}-%{version}-%{release}-root
-BuildRequires: python-devel >= 2.4
+BuildRequires: python-devel >= 2.3
 BuildArch: noarch
 Requires: iptables, tcp_wrappers, shorewall, gamin-python
 Requires(post): /sbin/chkconfig
@@ -42,6 +42,7 @@
 install -p -m 644 man/fail2ban*.1 %{buildroot}%{_mandir}/man1
 mkdir -p %{buildroot}%{_sysconfdir}/logrotate.d
 install -p -m 644 %{SOURCE1} %{buildroot}%{_sysconfdir}/logrotate.d/fail2ban
+mkdir -p %{buildroot}%{_localstatedir}/run/fail2ban
 %clean
 rm -rf %{buildroot}

@@ -56,7 +57,7 @@

 %files
 %defattr(-,root,root,-)
-%doc README TODO CHANGELOG COPYING
+%doc README TODO ChangeLog COPYING
 #doc config/fail2ban.conf*
 %{_bindir}/fail2ban-server
 %{_bindir}/fail2ban-client
@@ -64,6 +65,7 @@
 %{_datadir}/fail2ban
 %{_initdir}/fail2ban
 %{_mandir}/man1/fail2ban-*.1*
+%dir %{_localstatedir}/run/fail2ban
 %dir %{_sysconfdir}/fail2ban
 %dir %{_sysconfdir}/fail2ban/action.d
 %dir %{_sysconfdir}/fail2ban/filter.d

2008/6/15: 新しいrpm版の記事へのリンク追加
2008/7/26: すでに古い情報であることを明記


コメントをどうぞ

免責事項

著作権者の文書による承諾を得ずに、本サイトの内容の一部、全部を無断で複写、複製、転載することは、禁じられています。
また、当ウェブサイト に記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。当ウェブサイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失に関し一切責任を負わないものとします。